レンタルドレスの相場を教えます

レンタル ドレス

女性にとって、幼い頃から華やかなドレスを着ることが憧れではないでしょうか。特に挙式でのウェディングドレスや披露宴のカラードレスなど機会は限られています。そんなドレスを実際に着用する時に購入するかレンタルするか悩まれる方も多いと思われます。とある企業のデータによると、ドレスを選ぶ女性の9割がレンタルするとも言われています。また、結婚式などに招待される友人のドレスも、レンタルを選択する方が増えています。この場合、理由のひとつに、友人の数だけ、結婚式に呼ばれる機会も多くなるので、その都度同じドレスでは飽きてしまうという意見があるのですが、それ以外にもドレスをレンタルする方が、購入するよりもメリットがあるポイントがいくつかあります。今回は、レンタルドレスを選ぶことによるメリットについて紹介します。

レンタルドレスを選んだ時のメリットについて

まずひとつ目は、レンタルドレスだと費用を安く抑えられるという点があります。結婚式で着用するパーティードレスを購入するとなると、数万円程度かかってしまうのが一般的です。しかしレンタルドレスにした場合だと数千円で済むことができるのでお得なのです。普段は着ることのない高級ブランドのドレスも着てみることができるかもしれません。また、ドレスに合わせる靴や鞄などを一緒に借りてしまうことができるので、当日までコーディネートをどうしようか迷わずにスムーズに準備できます。クローゼットに保管しておく必要もありませんし、違う友人の結婚式にお呼ばれした時は、また違ったパーティードレスを借りることもできるので自分の気分に合わせて選ぶことができるのも魅力的です。注意点としては、新品ではないので、汚れ等よく確認しましょう。

ウェディングドレスをレンタルにするメリットとデメリット

一方で、ウェディングドレスはどうなのでしょうか。費用に関して言うと、購入でもレンタルでも数十万円かかってくることがありますし、数万円程度で抑えることもできるなど様々です。式場によっては、レンタルドレスを提携のお店以外で選ぶと持ち込み料が発生したりするので注意しなければなりません。しかし、ウェディングドレスは保管方法をよく考えなければならないので、気軽にレンタルを選ばれる方が多いです。購入する方の理由としては、例えば海外挙式から、帰国後のパーティー、二次会と複数回着る予定があるという方は購入する方もおられます。保管方法に関しても、すぐに売却してしまったり、ネットオークションに出してしまう方法も検討できます。結局、愛着の湧いてしまったドレスを手放せないという方もいるのでよく考えましょう。